カフェを経営するには、3つのスキルが必要なのです

カフェの経営は簡単ですが、長く続けることが難しい

笑顔が苦手な人は日々トレーニングを

人は笑顔を見ているだけで、自然と穏やかな気持ちになれますよね。
作り笑いをすると、顔が引きつりぎこちない笑顔になってしまうので、無理に笑う必要はないのです。
毎日意識して、口角を少し上げて話すようにするだけです。
どうも笑顔は苦手なのでという方も、カフェを経営するにあたり、そんなことは言っていられません。
店長が自ら接客するかもしれないので、その時「ムスッ」としていては、お客さんに不快な思いをさせてしまうと、その人は二度とお店に足を運んでくれず、なおかつSNSの口コミサイトに書かれるという事もあるので、笑顔での接客は大切な事です。
優しい笑顔を、自然に向けられるように、毎日口角を上げるトレーニングをすることで知らず知らずに自然な笑顔が作れるようになるでしょう。

視野を広げるために人間観察をする

お客様が何を求めているのかを、察知出来るように細かい気配りを常日頃から心掛ける事も接客力の1つです。
細かい気配りには、相手の立場になって考えてみるという事も必要ですし、周りを見ることが出来る視野の広さも必要になります。
言ってくれなきゃ分からないということもありますが、コップの水が無くなったままにしておくのはどうかと思うのです。
一言、「お水のおかわりいかがですか」と声を掛けるだけで、このお店気配りが出来ているなあと思ってもらえるかもしれませんよね。
最初は、難しいかもしれませんが、意識して視野を広げる事で徐々に変わっていきます。
視野を広げるのにおススメは、高級店に行き最高のサービスを受けてみる・合コンや人が集まる場所に出かけて、人間観察をする(怪しい人の思われない程度に)すごく勉強になると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る