カフェを経営するには、3つのスキルが必要なのです

マニュアル通りではなく、心を込めた挨拶をする

様々な経験を活かして

経営者として必要な経営の技術は、臨機応変に対応し、冷静に物事を判断しで柔軟に考えられるということなのです。
時には難しい判断を強いられることも多々あるでしょう。
どんな時でも、感情的になることなく冷静沈着に物事を見極める力が、経営者には求められているのです。
経営者として、様々な経験をすることで身に付いていくものだと思うのです。
最初は無駄な事のように思うのですが、後に良い経験だったなあと思うことが多々あるのです。
自分の周りには、遊んでいる経営者の方が沢山いるのですが、口をそろえて言うことは「遊びは大切だ」というのです。
適当に遊んでいるということではなく、常に「マジで」遊んでいるのです。
今までの人生経験を活かして、経営者として成長していけると良いと思うのです。

カフェオーナーの責任は重大

カフェのオーナーを目指す方も様々です。
子供の頃の夢を脱サラして叶えようとする人、親のお店を引き継ぐ人、リストラを良い機会にお店を始めようとする人など、カフェを始めようと思う動機はそれぞれです。
自分でカフェを開業から経営に至るまで、自身で行ない思い描いていた空間を提供するということは、素敵な目標だと思います。
ですが、商売という物はカフェに限らず、一筋縄ではいかないものなのです。
もし経営が上手くいかなくなり、スタッフにお給料が払えなくなってしまっては、その人の生活を台無しにしてしまいます。
ですから、カフェオーナーの責任は重大です。
カフェの経営に、気軽に手を出すのは考えものですが、成功させるためには、時の流れを見る目と慎重さが重要となってくるでしょう。





この記事をシェアする
TOPへ戻る