カフェを経営するには、3つのスキルが必要なのです

アルバイトの人にも正しい日本語を教えよう

お店全体を綺麗にすることで好感度が上がる

単にお店が綺麗なだけではなく、「美しく」という事にも心掛けなければならないのです。
カフェの一番の持ち味としては、落ち着いて静かな空間で過ごすことが出来るという事ではないでしょうか。
お客様の大半は、静かな空間で美味しいコーヒーなどを飲むためにやって来るのです。
厨房が客席から見えるような作りで、調理器具や食器などが雑に陳列されていたら、お客様は残念な気持ちになってしまうのではないでしょうか。
厨房から「ドンドン・ガシャガシャ」などの音が聞こえてきたら、お客様はどう思うでしょう。
ゆっくりした時間を静かに過ごすために、カフェにやってきたのに台無しだと思われるのではないでしょうか。
そのような事を防ぐために、日頃から美しく整理整頓が出来るように癖をつけておくことが大切です。
お店全体が「美しい」という事は、細かな部分にも配慮がなされているという事になるのです。
お店も好感度アップすることでしょう。

地道な努力は裏切らない

お掃除をする際に、時間をかけて丁寧にするという事も重要ですが、忙しい時間帯にそれは無理な話です。
飲食店は、時間との戦いなので、掃除には「素早さ」と「丁寧さ」が求められるのです。
特に営業時間外においては、丁寧に素早くを心掛けましょう。
ダラダラ掃除をしていては、時間がいくらあっても足りないでしょう。
掃除は日頃から、丁寧にするように心掛けていると、自然と身についていくでしょう。
カフェを経営するにあたって必要な技術として、一番勉強しなければいけないことは「経営技術」なのです。
カフェは、コーヒーが好きという事だけでは長続きしません。
お店を盛り上げつつ、笑顔で挨拶接客をする・清潔感を保つ・周りに気配りが出来るなどのことが出来て、息の長いお店になるのです。
技術はコツコツ地道に積み上げていくもので、その努力は決して裏切らないのです。
しっかり身に付けて、誰からも愛されるカフェを作りましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る